キャンパスマスタープラン2006

北海道大学は1997年2月に最初の「キャンパスマスタープラン96」を策定しました。これは、21世紀に向けた大学の将来像を現実化させるため、施設整備の基本方針を定めるキャンパス計画として策定されたもので、国立大学のキャンパスマスタープランの先駆けとなりました。

今回策定された「キャンパスマスタープラン2006」は、「96」の骨子を継承するとともに、新たな視点として、様々に変化する大学の役割や組織に対応したキャンパスの空間を整備することにより可能となる「持続的な発展」と、大学運営に資するため柔軟に対応する「施設・環境マネジメント」を重視した計画となっています。
(平成 19年 9月 施設・環境計画室)

○キャンパスマスタープラン2006 本編

表紙・目次(PDF形式 1MB)
総長からのメッセージ (PDF形式 617KB)

第1編 フレームワークプラン
1.序章 (PDF形式 452KB)
2.キャンパスマスタープラン2006の目標と計画原理(PDF形式 624KB)
3.札幌キャンパスの概要 (PDF形式 671KB)
4.キャンパスの空間構成 (PDF形式 1.7MB) P20~31(P25なし)
フレームワークプラン (PDF形式 1.2MB)   P25のみ
5.施設・環境マネジメント (PDF形式 600KB)
第2編 アクションプラン
6.アクションプラン(PDF形式 4.5MB)
7.計画実現のガイドライン (PDF形式 1MB)
8.キャンパスマスタープランの計画プロセス (PDF形式 469KB)
9.今後の課題 (PDF形式 452KB)
参考資料 (PDF形式 649KB)

全 編 表紙・目次~参考資料まで(PDF形式 8.1MB)