キャンパスマスタープラン

  キャンパスマスタープラン2018

 平成30年3月に施設・環境計画室では、「キャンパスマスタープラン96」「キャンパスマスタープラン2006」の計画骨子を継承し、「大学の経営戦略の具現化」「サステイナブルでハイブリッドなキャンパスの創造」「トータルデザインによるクオリティ・オブ・ライフの向上」 「キャンパス空間の創造を具現化する実行力のある長期計画」という4つの大きな特徴を持ち計画の総合性と実効性を重視した「キャンパスマスタープラン2018」を策定しました。

 ここでは、「空間創造のためのフレームワークプラン」と「空間創造実現のためのフレームワークプラン」という両面から30 年間の長期計画を描いており、それらを具現化するためのマネジメントにおける9 年間の中期的取組を示しています。個別の短・中期計画は、マスタープラン本体とは別とし、今後、本学内外の関係者と協議を重ねながら慎重に検討・策定してまいります。

 詳細は、以下をクリックしてください。

 ◇ キャンパスマスタープラン2018 本編 (画像精細度低:約4MB)

 ◇ キャンパスマスタープラン2018 本編 (画像精細度高:約11MB)

    ◇ キャンパスマスタープラン2018 概要

  キャンパスマスタープラン2006

 平成19年9月に施設・環境計画室では、「キャンパスマスタープラン96」の計画骨子を継承し、「持続可能な発展/自然環境・文化資源等を含めたキャンパス環境の維持・管理」「学術的な革新を支える環境づくり/豊かなで質の高いキャンパスライフを提供できる環境づくり」「卓越した学術研究の基盤整備/国際的研究、教育において充分な競争力を持った施設・環境の整備」「施設・環境マネジメント/大学運営方針や計画目標に合致した施設・環境品質の向上」という計画目標を新たに盛り込んだ「キャンパスマスタープラン2006」を策定しました。

 詳細は、以下をクリックしてください。

 ◇ キャンパスマスタープラン2006 本編

 ◇ キャンパスマスタープラン2006 概要

  キャンパスマスタープラン96

 平成9年2月に施設計画委員会では、北大の新しい大学像の実現を期するために、キャンパス空間利用の大綱となる「キャンパス・マスタープラン」を創り出すことが必要であるとして、「固有のランドスケープの継承と保全」「歴史的キャンパス構成の継承と展開」「研究・教育する『人間』の場としてのキャンパス」「社会との関連を持たせたキャンパスへの展開」「都市の中の都市としてのキャンパス」等を計画の骨子とした「キャンパスマスタープラン96」を策定しました。

 詳細は、以下をクリックしてください。

 ◇ キャンパスマスタープラン96 本編